前へ
次へ

腰痛は意識次第で予防できる

多くの人が抱えている腰痛ですが、実は普段の意識次第で予防をすることができます。腰痛を感じたときに多くの人が慌てて温かい湯船で腰を温めてしまい、翌朝におきることが出来ないほど痛みを覚えて起床するというようなことも多いかもしれませんが、それは炎症を悪化させているだけなのです。腰痛の治療には温めるということをされますが、それは長いこと抱えていた痛みを緩和される為に行なうものであり、痛みを覚えてすぐの状態の時には見えない部分が腫れている状態であると認識をされて温めない事が大切です。痛みを感じる部分が熱を持っていた場合にはなおさら温めるのではなく、すぐに炎症を抑えるために整骨院などに訪れることが必要です。腰痛は痛みを感じてもしばらくするとよくなるといった方も多いかもしれませんが、それは慢性化して感覚が弱まっているだけですので、いつ痛みが再発をするのかわかりません。痛みを感じたときはすぐに必要機関で治療を行うことが大切です。

Page Top